スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

運動なしのダイエットの危険性

痩せる方法にはさまざまなものがありますが、ダイエットを達成するためには、食事の見直しの他、運動も大事なことです。

 

ダイエットをする時に、食事量を減らすことと考える人は多いです。しかし、食べないだけのダイエットでは、いずれは体重の下降が打ち止め状態になります。

 

 

 

 

痩せるためには適度な運動をすることで、ダイエットの効率を高めることが可能です。

 

痩せるための運動の基本的な考えに、肩甲骨周辺を動かすという重要なポイントがあります。肩甲骨の近くには大きな筋肉があり、カロリーの燃焼効率がいい部分です。

 

肩甲骨の回りを軽く動かすことで、体重が落ち、ダイエット効果を得ることが可能です。肩甲骨は、徒歩や、走る時に、中心となる体の部分ともいえます。下半身の動きにも、肩甲骨は関係しています。

 

骨盤を揺らしながら歩くことでバランスをとっていますが、肩の振動が伝わっているわけです。走ったり、歩いたりといった動作がやくやすくなるためにも、肩甲骨の筋肉を鍛えることは効果的です。

 

歩く動作が楽になれば速度も上がり、普段の歩きがウォーキングになり、運動効果が期待できるようになります。

 

運動関係のトレーナーの中には、下半身を使った運動をする前に、肩甲骨をほぐせるような運動を推奨する人もいます。肩甲骨まわりの体操を積極的に行って、痩せる体操をやりやすくするといいでしょう。

 

 

スポンサーサイト

コメント